消費者金融で事業資金は調達可能ですか?

事業資金は個人でビジネスを始めるときや、開業をするときに必要になる資金ですが、借入れをするのは消費者金融でも可能です。借入れする金額によりますが、限度額が500万円程であれば消費者金融でも借入れは可能になります。金利は銀行系などに比べるとたかめになっていますので、ご注意ください。事業資金としては銀行系のカードローンや、信販系のカードローンも借入れが可能ですが、消費者金融で借りるメリットは審査が早く、まとまった資金がすぐに必要なときはとても便利になることです。

事業の種類にもよりますが、始めに多額の資金が必要になることはよくあります。そして審査までに1ヶ月以上も待たないといけないような銀行系のカードローンに比べ、手続きが早く進むこともメリットです。消費者金融で借りたお金は個人で使うものとして、生活費であろうが、趣味に使おうが目的は関係ないとされています。しかし借入れできる限度額がありますので、それ以上の場合には専門の公庫などで相談をしてください。

書かれている限度額いっぱいまで借りれるか?

自己資金も多少ある場合には、借入額が少なくて済みますし、審査も早くネットからの申し込みが出来る消費者金融の借入れは便利になります。しかし多額になる事業資金のような借入れは、返済の能力がとても厳しく審査されます。銀行系のカードローンではそのため審査が1ヶ月以上もかかることはよくあることですし、審査の結果が出るまでに一部借入れを可能にしてくれる銀行もあります。事業資金は限度額以内であれば、カードローンで借りることが出来ますので、面倒な手続きや書類が必要なくなります。しかし高額な金額になると、担保や保証人などが必要になりますし、収入証明書も必ず提出しないといけません。返済の能力があるかどうかは審査においても重要なポイントです。安定した収入があるかどうか、それにより融資の限度額もかわりますので、限度は500万と書かれてあっても、自分がそれだけの限度額を借りられるかどうかは審査の結果によります。

金額も多いと返済の期限も長くなるわけですから、出来るだけ低金利で借入れができるといいのですが、審査に通らなかった場合には他の業者でも申し込みをする必要があります。銀行系や信販系に比べて消費者金融は審査が楽だといわれていますが、事業資金のような高額な借入れには、審査も厳しくなる可能性はあります。できるだけ自己資金を用意して、借入れ金額を減らすこともポイントですが、何よりも事業資金の場合は、その事業が成功しないと返済にも大きく影響してしまいます。

お金を借りる計画はもちろん、事業計画もしっかりしたものがないと借入れするにも心配です。特に公庫などで借入れするときには細かい事業計画書の提出が必要になりますので、どこで事業資金を借りるにせよ、しっかりとした計画がないと金銭的なトラブルになりがちです。必要最低限の事業資金を借りるつもりで、しっかりとした計画と早い返済の予定を立てることが安心ですね。

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ