お金が返せなくなった場合はどうすればいいの?

もし、お金を借りて、返せなくなった場合はどうしたら良いでしょう?
人生は、調子の良い時ばかりはありません。

    もし、会社が潰れたら!
    もし、会社を不幸にもクビになってしまったら!

どうしてもお金を返す事が出来ない事態に陥ってしまったら、いったいどうしたら良いでしょうか?

お金を返せなくなった場合の対処法

ローンってとっても便利ですね。でも返済が苦しくなって「もし、返せなくなったらどうしよう?」と考えると、多くの人が「自己破産」とか、「怖い人たちが家に来て返済を迫る」とかが頭に浮かぶのではないでしょうか?

しかし、闇金と呼ばれる違法な業者にお金を借りているのでなければ、返せないからと言って、そういう事態になる事はまずありません。もちろん、返せないからと言って、そのままにしておく事は、そういう事態を招く事になる可能性も有りますが、早めに手を打っておけばそう言う深刻な事態になる事は、ほとんど避けられます。

返せない状況になった時、一番陥りやすいのは「一人で悶々と悩む事」です。何とか返済をしようと、他の業者から借りて、借入先を増やして行く事は一番やってはいけない事です。そうすると、どんな事態になるかと言うと、借金を返しても返しても「元金がほとんど減らない」と言う事になります。

また、さらにやってはいけない事が「返済期日が来ても返済せず、ただそのまま返済期限を過ぎるのを待つ事」です。そうすると、次第に借入先から督促の連絡が来る事になります。そして、その内容は回を重ねる毎に厳しくなり、ついには「裁判手続」や「財産差し押さえ」などの然るべき処置が取られるようになります。最悪は「給与差押さえ」の手続きを取られてしまう事も有ります。

返せなくなったときは、とにかくまず借入先に相談しましょう。例えば、給料日以降なら返済が可能といった場合は、借入先によっては返済を待ってもらえるケースもあります。しかし借入先としても、金額や期間を考えるととても返済猶予に応じられないときもあります。そうなったときの次の手が「任意整理」です。

「任意整理」とは

任意整理とは、個人または司法書士や弁護士といった専門家を通して借入先と交渉し、借入額を交渉して、減額する事です。この手続きは裁判所を通さずに行う事ができます。ただし、任意整理でもなお返済できない額の借入が残っている場合、次の手段となるのが、「民事再生」という手続きです。

「民事再生」は裁判所を通した債務整理の方法ですが、同じ債務整理でも「自己破産」の場合、所有する財産は、持ち家でさえも差し出さなくてはならないのに対し、この「民事再生」では持ち家を差し出す事はありません。

ただし、サラリーマンのように継続した収入があること
「給与所得者等再生手続」
借金総額が5000万円以下の場合は
「小規模個人再生手続き」
の条件があります。

個人が重い借金の負担から解放され、新たな生活のスタートをきれるようにという趣旨の制度なので、借入額はこの手続きのなかで大幅に減額することができます。つまり、現実的に無理のない金額で借入金を毎月返していくことが可能になるのです。

しかし「民事再生」手続もとることができないほどの大きな借入だったり、継続的収入が無くなってしまったなどの場合には、「自己破産」の手続きをとらざるを得ない場合もあります。この手続きは、借入を帳消しにするかわりに自分の財産を手放すのが条件です。持ち家や車、ゴルフ会員権なども換金できるものは換金して返済にあてることになります。

ただ「払えなかった」と督促状が来るままにしておけば、本来任意整理で終わらせることができたものを、破産手続きまで進ませることになるかもしれません。いずれの手続きも、正常に返済をする事ができなかった訳ですから信用情報機関(ブラックリスト)に記録は残り、新たな借り入れは制限されます。

しかし破産手続きのように家を失ったり、一定の職業につくことが制限されたりする訳ではないので、心配ありません。多額の負債を負った末、心まですり減らして結局破産という事態になってしまうよりは、傷が浅いうちに対処したほうが結果的によかったというケースはとても多く、「もっと早く相談してくれればよかったのに・・・」とは専門家からよく聞かれる言葉です。

悶々と一人で悩まず、先ずは相談しましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ