家族にばれないカードローン利用法【2つの基礎知識】

キャッシングを利用する場合、できるだけ周りの人にばれたくないという人が多数派です。しかし、キャッシングサービスを提供している金融機関側としてもいくつか確認せざるをえないところがありますから、どうしても譲れないポイントがあります。金融機関側もできるだけそういったニーズにこたえるための努力はしており、いくつか新しいサービスを提供している場合があるため、利用できるものは利用してしまいましょう。

職場へキャッシングの利用がばれてしまう場合のほとんどは在籍確認の電話によるものです。金融機関側としても慣れていますからできるだけキャッシングの確認の電話だということは気づかれないようにしていますが、勤務先に個人的な電話がかかってきた時点で「キャッシングの利用だな」と、わかってしまう人にはわかってしまいますからそこから広がる可能性があります。職場への在籍確認は収入証明書の提出などで代えることができますからそこまで問題はないのですが、家族へキャッシングの利用がばれないようにするためには他の角度で対処を行う必要があります。

家族は非常に近しい距離で生活をしているため、さまざまな部分でキャッシングの利用がばれてしまうことが考えられます。もし奥さんが家計に非常に厳しい人であればさらに大変になってしまいますから、それぞれについて対応策を考えなければなりません。

ばれないための2つの基礎知識

まず第1に、キャッシングの利用証明書が自宅に郵送されることを避けなければなりません。

金融機関としては利用証明書を発行することが法律でも定められていますから、どうしてもこの問題は避けて通ることができません。しかし、どういったかたちでも構わないので利用証明書を発行しておけばそれでよいわけですから、利用証明書をWebで発行しても問題ないのです。現在、多くの金融機関では利用証明書を紙では発行せず、電子データとして発行することが主流となっています。

金融機関もコストをできるだけかけたくないので、郵便料金もかからず印刷の手間がかからないデータでの利用証明書は利便性が高いのです。しかし、昔ながらの方法で郵送してくくることがスタンダードとなっている金融機関もいまだに残っていますから、どういったかたちで利用証明書が発行されているのかはきちんとチェックしておきましょう。

2つめに、キャッシングを利用するためのカードを見られることのないように注意しましょう。

財布までチェックされている人は少ないかもしれませんが、「そのカードはなに?」と聞かれてしまった場合にはどうしようもなくなります。そこまで気にする人が家族にいる場合には、web完結のキャッシングを利用するのが良いでしょう。融資は指定口座への振り込みといったかたちで行えますし、返済も口座引き落としで行えるため一切の証拠が残りません。もちろん利用証明書もネット上で確認することができます。

以上の2つに気を付けていればだいたい大丈夫ですが、キャッシングしたお金の使い道にも気を付けましょう。おこづかい以上のものを頻繁に買ってしまってそこからお金の手に入れ方を聞かれてしまう場合があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ