審査の甘いキャッシング会社は危ない?

キャッシングサービスを利用する際には、いくつかの情報を提供した上でさらに審査に通過する必要があります。誰でも無制限に利用できるというわけではありませんから、あえて嘘の情報を提供したり記入書類にミスをしたりといったことでキャッシングの利用ができなくなる場合もあります。注意しましょう。

さて、キャッシングサービスを提供している機関は非常に多く、銀行から消費者金融、信用金庫などさまざまな金融機関がサービスを提供しています。それぞれの機関によってサービスの内容も異なりますから、自分に合ったキャッシングサービスを選択しなければなりません。

サービスの利用には、前述の審査を通過する必要があります。審査の前に提供する必要がある情報は、個人証明と収入があることを証明するものです。個人証明とは「誰がお金を借りたか」を管理するために必要なもので、運転免許証など公的な身分証明書の提出によって行います。ある程度公的な身分証であれば免許証でなくても構わないので、健康保険証や住基カードの提出でも代えることができる場合が多いですが、顔写真付きのものでなければならない場合が多いため何らかの用意をしておきましょう。

在籍確認の電話は必須というわけではない

収入があることの証明には2パターンあり、収入証明書の提出により証明する方法と、勤務先への電話連絡による在籍確認で働いていることを証明する方法があります。従来では勤務先へ在籍確認がメジャーな方法でしたが、これは一般に電話連絡によって行われるため、周囲にキャッシングの利用がばれてしまうことが少なくありませんでした。できるだけ人に隠れてキャッシングを利用したい人は少なくないため、最近では収入証明書の提出によって代えられることが多いです。

ここまでが基本的に提出しなければならない書類なのですが、どちらも個人情報としては非常に重要なものです。しかし、ここまでやっても審査に100%通過するわけではありません。

ですが、審査に通過できない場合にはわけがあります。これら提出された個人情報は「信用情報機関」に収集され、他の金融機関にも伝えられます。過去の金融関係の履歴によって、きちんと返済できるかどうかを判断されたうえで審査に通過できるかどうかを判断されるのです。

審査がゆるい金融機関も多数存在します。消費者金融の審査は基本的にゆるく、初めての利用であれば断られることはほとんどありません。しかし、その分返済能力が低い人に貸し付けてしまう確率も上がりますから、その分を回収するために銀行に比べ高めの金利が設定されていることが多いです。そのため消費者金融で借りたお金の返済に困ってしまう人が多いのです。

消費者金融は即日融資対応のところが多いというメリットもありますし、たとえ銀行でキャッシングの利用を断られたとしても、消費者金融の方では貸してくれるということは少なくありませんが、どちらで借りるにしてもきちんとした返済計画を立てておくことは必要不可欠です。

また、借金返済の延滞のような金融事故を起こしてしまった場合、住宅ローンや自動車ローンは当然利用しづらくなります。しかも、お金を新しく借りるのに不利になるだけではありません。クレジットカードをつくるための審査にも通りづらくなりますし、携帯電話の契約にさえ影響を与えることもあります。繰り返しになりますが、どこで借りるにしても返済計画はきちんと立てておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ