年収の3分の1以上借りる方法

キャッシングサービスを提供している金融機関は多数存在します。ざっくりと分けると銀行でのキャッシングか、それ以外の貸金業者からのキャッシングかに分けられます。それぞれ特徴があるのですが、消費者金融などの貸金業者からのキャッシングでは、貸金業法に定められた総量規制によって、消費者金融では年収の3分の1以上のキャッシングをすることはできません。貸金業法はどんなに大手の消費者金融でも従わざるを得ない法律であるため、総量規制によるキャッシングの制限はどの消費者金融でも従わざるを得ません。

銀行においてのキャッシングは銀行法によって規制を受けますが、貸金業法のように総量規制への言及はありませんから、消費者金融のように年収の3分の1以上の借り入れが制限されるといったことがない総量規制対象外のキャッシングとなります。したがって、年収の3分の1以上の借り入れを行いたい場合には、銀行系ローンを利用することになります。

銀行で借りるには厳しい審査がある

銀行系ローンを利用すればいいとは言っても、銀行系ローンは消費者金融系ローンに比べて審査が厳しめであるために注意が必要です。銀行系ローンは消費者金融系ローンに比べて金利が低く、また借り入れ最高額も高く設定されています。こうして聞くと良い所だけのように思われますが、その分審査は厳しく、年収や他社借入を考慮した上で返済計画を練らなければなりませんし、多くの消費者金融系カードローンが即日融資に対応しているのに対して銀行系ローンでは数日かかってしまうことも少なくはありません。そのため、今すぐにお金が欲しいといった場合には向きません。しかし、年収の3分の1以上の借り入れを行いたい場合には、ある程度の手間をかける必要があるでしょう。

年収の3分の1以上の借り入れというのは、当然ながら非常に高額の融資を意味します。それだけ高額の融資を一体どんなことに使うのかはきちんと考えておかなければなりません。そういった借り入れを行いたい場合は、住宅や自動車など高額な物品の購入であったり、子どもの高校や大学の学費などに対してお金が必要な場合、またはいくつかの既に多額のキャッシングに対しておまとめローンを利用する場合などに限られるでしょう。おまとめローンを利用する場合以外では、用途限定型のローンを考慮するとよいでしょう。

おまとめローンについては『複数業者からの借入を1本にまとめる方法』に詳しく記載しておりますのでご覧ください。

おまとめローンは複数の会社からの借り入れを一つのキャッシング会社にまとめることで、金利の利率を下げたり返済の手間を減らしたりといったメリットがあります。用途限定型のローンは、住宅ローンや自動車ローンと呼ばれるように特定の用途に対してのみ使えるローンで、非常に高額な買い物に対して使うことができます。一点ものの購入にのみ使われるものですから、それ以上に使ってしまうということがないため金利の利率は非常に低く設定されています。銀行系のローンには沢山の種類があり、それぞれすべて総量規制対象外となるため、シチュエーションに合ったキャッシングプランを選択しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ