キャッシングの危険性と消費者金融系と銀行系の違い

キャッシングは、カード1枚でATMから現金が引き出せる便利なものですが、上手に使わないと、生活を破たんさせる恐れのある危険性があります。自分の預金を銀行のATMから引き出した場合の現金は、ただの現金ですが、キャッシングで融資された借入金をATMから引き出した時に手にする現金は、自分のお金ではなく、借金です。

けれども、簡単な手続きで手にすることができるため、借金であるという自覚が薄くなってしまうことがキャッシングの危険性です。手軽に引き出せるので、つい借り入れを繰り返してしまうことになりますが、このお金は借金ですから、利息がつきます。

気がつくと、利息だけを返済するのが精いっぱいで、元金は減らないというような状態になってしまうこともあります。さらに危険なのは、利息を返すために、別のキャッシングをしてしまうことです。このような多重債務者を出さないよう、総量規制というものが定められてはいますが、それだけではキャッシングの危険性を十分に避けることはできません。

総量規制とは、年収の3分の1以上は融資を受けられないよう定められているものですが、年収の3分の1以下の借入であっても、しっかりとした管理をしないと、借金と利息はいくらでも増えてしまいます。複数のキャッシングをする場合、始めの借入に対する利息より、高い業者の元で次のキャッシングをすることがほとんどです。なぜなら、利息の安い業者ほど審査基準が厳しく、複数のキャッシングをしていると、審査に通らないため、利息は高いけれど、審査の緩い業者でキャッシングをするようになってしまうからです。そうなってしまうと、利息はますます膨れ上がってしまうのです。

キャッシングをする際には、まず返済計画をしっかり立てることが重要です。キャッシングで得た現金は、自分の預金を引き出したわけではなく、借金なのだという自覚を持つことが大事です。そして複数のキャッシングをすることは絶対に避けましょう。

複数のキャッシングをしてしまった場合には、それらのローンを一本化するための返済計画を立てることを考えるのも一つの方法です。総量規制がありますので、返済総額が年収の3分の1以上になってしまっている場合には、一度にすべてを一本化することはできませんが、借入額、利率、返済期限を比較し、利率の高いもの、返済期限の短いものかを優先してまとめていき、より利率の低いローンにまとめて、返済していくようにすると、返済総額を少しでも減らすことができ、月のうちに何度も返済期限を迎えなくて済むことになります。

消費者金融系と銀行系の違い

そして、カードローン・キャッシングには、「消費者金融系」と「銀行系」という2つの種類があります。これらにはそれぞれ特色がありますので、利用する際は双方のメリット・デメリットを吟味したうえで、どちらにするかを検討しましょう。

消費者金融系カードローンの特徴

銀行系のカードと比較すると、消費者金融系のローンは融資や、融資拡大などの審査が若干甘いといわれます。また、利用限度額内で何度でも自由に繰り返しキャッシングをすることが可能でもあります。このように、少額から非常に手軽に利用できる消費者金融系のカードローンですが、利息は高め。長期借入などの場合金利を計算してみると、かなりの額になってしまうケースもありますので気を付けたいところです。ただし、かつては危険なイメージがあり敬遠されてきた消費者金融会社ですが、近年では積極的な各社の広報活動によって、かなりキャッチ―な認知度を獲得しつつあります。貸付の条件面でも様々な工夫がなされており、今や大勢の人がこういった消費者金融を利用しているところです。

銀行系カードローンの特徴

消費者金融系のカードローンと比較すると、審査は厳しめといわれます。しかし低金利で高額な融資を受けることができるため、まとまったお金を必要としている人にはぴったりでしょう。しかも、銀行系列のカードは貸金業法の規制を受けないため、総量規制(年収の3分の1を超える借入ができない)も適応外となり、借り換えローンなどの用途でも利用することが可能なのです。この「総量規制」に関する違いが、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの大きな違いといえます。他にも、自動車や住宅のローン、高額医療費などもこの総量規制外とされています。また、通常の貸金業者では50万円を超える貸し付けを行なう際には申込者の収入証明を必要としますが、銀行系では100万~300万円まで収入証明が不要なケースも見られます。そして何より、「銀行」が提供しているローン商品であるというところで、利用者にも安心と信頼感を与えているのです。

「最短即日融資」などの文句に飛びついて消費者金融複数社から借り入れを行なってしまい、金利の計算や返済が面倒になってしまった場合は、銀行系のカードローンで「借り換え」て、金利を減らし、総返済額を少しでも減額するというような活用の仕方をする人も中にはいるようです。どちらを利用するにせよ、それぞれの特性を活かして上手に活用していきたいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ