クレジットカードを作るならデパートなどの店頭申込みが穴場です

プロミスやアコムなどのキャッシングサービスを利用しなくても、クレジットカードを持っていれば、キャッシング枠が付いているものがほとんどです。

クレジットカードの審査に落ちるという人は、店頭申込みを試してみてはいかがでしょうか。よくデパートの1階などで「今すぐ発行できますよ!」と募集しているアレです。

店頭申込みはクレカ作りの穴場

「クレジットカードの店頭審査」はよくショッピングモールやデパートで行われているキャンペーン的なクレジットカード作成に見られる審査の方法だと言われています。いわゆる対面式の審査ですね。

インターネット申込みでは、画面上の自己申告制のことが多いので顧客との対面審査は難しいですが、デパートなどには専用のスタッフが在中していますので対面式が可能です。店頭での申し込みは、現地のスタッフの判断において、不審物だと判断されると、その場で、審査に落とす評価がつけられる会社もあるようです。

申込書までは署名捺印してもらいますが、顧客が帰宅後に、用紙に付箋に「不審者・審査却下連絡」というメモをつけて会社に郵送し後日「申し訳ございませんが・・・」と連絡がいくパターンがあるようです。もちろん、本人を目の間にして、「クレジットカード作成できません」とは言いませんよ。あくまでも、後日連絡です。そのクレジットカードの印象もありますからね。

不審人物とは、明らかに闇のお仕事をされていそうな方やクレーム多そうな方・話している内容があいまいな方など。担当するスタッフの人柄や価値観なども関わってきそうですよね。店頭スタッフは、不審者判断はできて、逆に「ごひいき顧客」と判断し扱うことはできるのか。気になりますね。

結論、クレジット会社によっては、「優良顧客候補」という情報を審査部にまわすケースも、稀にあるようです。この基準も特に決まりはないとか。店頭クレジットカードスタッフは、内容深い審査研修を、受けるそうなので講義内容に、「不審人物・優良顧客判断基準」が、もしかしたら含まれているかもしれませんね。

その場にいるスタッフに、判断されてしまいカードが作成できないなんて状態になるのは悲しいですよね・・。クレジットの申込み方法は、様々な形式があります。

例えば、インターネットでの申し込み。これは、店頭申込みと違って「対面式申込み」ではないですよね。その点人物は見られないから、簡単にクレジットカード作成できるのかしら・・?と思いますが、実際は、店頭での申し込みよりも発行が難しいようです。

なぜならば、書面上のみでの、判断になるため、融通が利かないようです。年収や職業などで判断されるので、基準に達していなければカード発行不可・・。店頭の方がキャンペーンで行っているので、比較的件数が求められます。よって、顧客を確保したいという状況で、「インターネット申し込み」よりも「店頭申込み」の方が、発行されやすいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ