借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔

これまでこのコラムを通じて何度か書いてきたことでもあるのですが、お金を借りた場合、これを返すというのが原則となります。ところが(これはキャッシング経験のある私自身についても言えることなのですが)、人間とは困った生き物で、借りるときは非常に有難がるのですが、これを返すとなると、借りたときのことなどはすっかり頭から抜け落ちてしまい、渋い顔をしがちになってしまいます。ましてや返済の督促を受けたときなどは、まるで貸し手側に非があるかのようにすら感じてしまうものです。

しかし、これは昔からの人間の性(さが)でもあるようで、古くからの諺にも「借りる時の地蔵顔返す時の閻魔顔」という言葉まである程です。お金を借りたときの原点に立ち帰り、素直に自分自身の行動を省みて、借りたものを返すという単純なことを実践していただきたいと思います。

ただ、前回と前々回のコラムにおいて、債務整理について触れてみましたが、日本(に限ったことではありませんが)の法律では、状況によっては債務を整理することも法的に認められています。これの安易な利用は禁物ですが、どうしても借金を返せない状況にある場合は、この方法を取って、一からやり直すという選択肢も排除して欲しくないと思います。

日本では借金苦の自殺が多い

借金を苦にして、家族や親戚に迷惑を掛けたくないと悩みに悩んで、行き着いた先に自らの命を絶つような悲惨な事件が少しでも無くなるように祈ってやみません。そのためにも、どうしてもという場合には救済の方法が残されているということだけは少なくとも、このコラムを読んで頂けた方に理解して頂きたいですし、また安心して頂きたいとも思います。そして、周りにそういった悩みを抱えておられる方がいた場合は是非、行政機関や弁護士等の法律家に相談してみることを、併せてお願いしたいと思います。

人間の生きているこの世界には「原則」と「例外」というものが混在しています。お金を借りることそれ自体は別に悪いことでもありませんで、無理のない範囲でこれを利用し、どうしてもという場合は周囲に相談を行うことのできる環境作りが重要だと経験者でもある私はそう思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ