年収200万円で実際いくらまで借りれるか

総量規制という規制により、収入の3分の1の金額までしか借入れができないようになっています。年収が200万円だと、単純に計算して65万円ほどになります。しかし、すでに借入れをしていて返済が残っている場合はその残額はこの額から差し引かれますので、借入額はさらに少なくなります。

ただし、これは消費者金融に対しての規制ですから銀行系のカードローンには関係ありません。

すでに消費者金融から年収の3分の1を借りていても、銀行のカードローンならば借入れは総量規制に関係なく可能になります。その場合は銀行にカードローンも申し込みをして、審査をしてもらいますが、収入の額や今までの借り入れた額の合計など様々な個人信用情報を元に結果が出されます。

限度額はこのときに決められますので、実際に収入が200万円ですでに60万円ほど借りていてもさらにカードローンにより借入れが可能になり、実際には年収の3分1以上はお金を借りることは可能です。

そしてこの総量規制ですが、夫婦で共働きしている場合には旦那さんが200万円の年収でも奥さんが年収100万円あればその年収を合計した額の3分の1になりますから、二人合わせて年収が300万あれば100万円までは借りることは可能になります。

消費者金融でも、場合によってはこの年収に関係なく借入れが出来ることもあります。注意する点は借入額の合計には住宅ローンや車のローンなどは含まれません。

実際に限度額まで借りれるとは限らない

このように総量規制により、返済時が困難にならないように、借りている人を守るように作られた規制ですが、限度額はあくまでも目安であって、実際に限度額まで借入れができるかどうかは、審査結果にもよります。そして返済にも負担にならないように借入額はなるべく抑えることも必要になります。収入によって借入額は決まりますが、決してそれが返済能力につながるものでもありません。上手に計画をしないといくら小額の借入れでも後で大変なトラブルになりますし、返済が滞ることにより、自分の信用情報にも悪影響が出てしまいます。

銀行のカードローンは、限度額もとても高額に設定されていますし、手続きも簡単にネットや電話で申し込みをすることが出来ます。消費者金融のように手軽に借入れの申し込みは出来ますが、審査が厳しいことでも知られています。

しかしどうしても年収の3分の1以上の借入れが必要になる場合は、銀行のカードローンがお勧めです。大手の銀行で借入れをすれば安心ですし、即日融資も可能です。金利は信販系や消費者金融に比べると高めですが、キャンペーンなどの特典を利用して上手に借入れをすることも出来ます。

大切なのはお金を借りた後に返済をきちんと完了することです。計画をきちんとすることと、毎月の返済が可能な額だけを借入れすることが重要になり、金利との関係もありますし、必要以上に借入れをすることはとても負担が多いことですのでご注意ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ