急な葬儀にもローンが組めたので助かりました

人間、いつ死ぬかなんてほんとにわからないものです。私も親族を自殺で亡くしたことがあり、当時のショックは計り知れないものでした。そして、急な死でも葬儀を行う必要があります。

ただ、葬儀を行うにもお金がかかります。家族葬が一般的になりつつあるとはいえ、数十万、きちんと弔ってやろうとすれば百万円以上の費用がかかるものです。そんな時、蓄えがなく、葬儀代が払えないとなったらどうすればいいでしょうか。

今回は急な葬儀の費用をローンを組んで対応した例を紹介します。

葬儀代200万円をキャッシングした例

人生とはどんなタイミングで大きなお金の必要性に見舞われるか全く予想がつかないものです。毎月、計画どおりにやりくりしていると思っていても、ちょっとのボタンの欠け違いですぐにお金が不足してしまいますし、また思いがけない出来事が飛び込んでくるごとに、どんどん出費がかさんでいくこととなります。それを痛感したのがちょうど3ヶ月前、親が急な病で入退院を繰り返すようになり、闘病生活の末に遂に帰らぬ人となったときでした。

葬儀の準備など初めてだったので右も左も分からない状態で準備を進めていきましたが、いざ一から打ち合わせする中で分かったことですが、葬儀費用って本当にかなりのお金がかかるのですね。もちろん親の銀行口座が亡くなった瞬間から凍結されて引き出せなくなってしまうので、これらの葬儀費用はどうしても我々遺族が捻出するしか術がありません。いっそのこと葬儀の規模を縮小しようかとも考えましたが、最愛の人の葬儀ですのでそれはできませんでした。最終的には消費者金融からお金を借りることでなんとか捻出しようということになり、さっそくキャッシングローンの案内に目を通すことにしました。

ホームページで様々な情報を確認したところ、店舗に出向かなくてもパソコンやスマートフォンからでも簡単にキャッシング申請が行えるとのこと。また、ローン申請を行うにあたっては本人確認の証明書や年収を証明する書類などが必要とのことだったので、保険証や会社からの給与明細書などを用意してさっそく申し込みにあたりました。そこでは申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載して、さらに必要な証明書をスマートフォンなどで撮影して画像データをアップロード。これだけで本当に申し込みできるのかなと不安になるほど簡単に手続きを済ませることが出来ました。

私が希望した金額は葬儀費用の不足分にあたる200万円でした。かなりの高額に昇るので審査に受かるかどうかわかりませんでしたが、60分くらいして審査結果が電話でもたらされ、無事に通過したのでキャッシングの本契約に移行できますとのこと。それから迅速に契約を済ませ、その日の内に200万円が銀行口座に入金されるのを確認して無事に事無きを得ました。

こうしてキャッシングできたおかげもあって、葬儀はつつがなく立派に執り行うことが出来て、遺族としても本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。こんな緊急時に自分たちの力になってくれた消費者金融にありがとうと言いたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ