複数業者からの借入を1本にまとめる方法

借入れを複数の金融機関からしている場合には、返済の手間や年利の計算などがとても手間になりますし、なにより借入れをまとめて1本化することにより、金利を安くすることが出来ますので、利息の節約をすることが可能になります。複数のローンをまとめる事は銀行系のローンや消費者金融でのおまとめなど、場所により限度額や金利が大きく異なります。

まず合計でいくらの金額を借り入れているのか、それにより借り替えをする先の機関も大体わかってきます。そして借入れが1本になると、返済の計画がしやすくなりますので返済期間の見直しなども検討できるようになります。

おまとめローンの申請先選びは慎重に

1本化するにあたりまず借入れ申し込みをしますが、そのときに担保や保証人が必要になる場合もあります。そしてその審査の際には最低必要な年収が決まっている金融機関もありますし、パートやアルバイトではダメなところもあります。銀行系のカードローンは借入限度額が高いので安心しておまとめローンを始めることはできますが、審査に必要な条件もいくつかあるようです。借り換えをするときに気をつけないといけないのは、手当たり次第に申し込みをすると、審査が通らなかった場合にブラックリストに載ってしまうこともあります。

どこで申し込むかを最初に慎重に選んで、充分な情報が必要になります借り入れの限度額や、申し込みに必要になる書類、年収の制限など、そして借り入れしている件数が多いほど審査には不利になるといわれていますので、その場合には全ての借り入れではなく、何本かをまとめることも方法の一つです。銀行系のカードローンは、審査も早くできます、金利も安く借りることが出来ますのでお勧めですが、もし何らかの状況で銀行系のローンが借りられない場合には、消費者金融でのおまとめローンを使うことになります。審査は銀行系ローンに比べると簡単ですが、金利は高くなります。その際にはもう一度まとめたほうが得なのかどうかを考え直す必要もでてきます。

借り入れがまとまっているほうが色々な手続きの手間は省けますが、金利が高くなるのであればまとめる価値はありません。信販系のカードローンもおまとめローンを扱っていますので、金利の安いところを探してみても良いでしょう。借入先は沢山ありますが、何処で自分が借りられるかを始めに確認しておくことが必要です。まずは安心な金融系のカードローンがお勧めですが、もし審査を通らなかった場合にも次の計画を立てておくことが必要です。しかし短期間に多くの借り入れの申し込みをすると、今後の借り入れをする際にも影響が出来ますのでご注意ください。

借入れをまとめるのはあくまでも金利を安くすることが目的です。自分の希望に合ったところが見つかるといいですが、失敗しないように、各機関の内容を調べることが必要です。今はオンラインでも申し込みも出来ますので、借入れの手続きはとても簡単にできることがメリットです。

サブコンテンツ

コンテンツ紹介

借入の理由は人それぞれです。ただ共通して言えるのは「急ぎでお金が要る」ということですよね。即日融資も可能なキャッシングの紹介サイトはこちらです。

来店不要 即日融資

このページの先頭へ